Iライン脱毛で後悔・失敗しないために!みんなが気になるIライン脱毛について解明!

Iライン脱毛で後悔・失敗しないために!

 

脱毛サロンやクリニックでムダ毛のお手入れをするのが当たりまえになってきましたが、アンダーヘアの脱毛にはまだ踏み切れていないという人も多いのではないでしょうか。VIOと呼ばれるアンダーヘアの脱毛は海外では一般的で、大人のたしなみとして広く浸透しています。

 

自己処理をしている場合もありますが、仕上がりや手間を考えるとやはりサロンやクリニックで脱毛してもらうのがおすすめです。VIO脱毛はビキニライン、性器周りのIライン、肛門周辺のOラインと3種類の部位の総称ですが、サロンやクリニックではまとめてハイジニーナ脱毛コースとしている場合や、個別に脱毛できる場合など選択肢があります。

 

この中で、特に大事なのがIラインの脱毛です。女性にとってデリケートゾーンが清潔で嫌な臭いがしない、肌荒れや蒸れがなくなる、というのはとても魅力的なことです。これらの不快感の大きな原因になっているのがそこに生えているムダ毛と知ったら、脱毛することによるメリットとして大きな意味を持つのではないでしょうか。

 

Iラインの脱毛は、もちろん彼氏のためであったり、見た目が良くなるためであったり、人によって目的は違いますが、どんな女性でもまず真っ先に感じることが清潔感と快適さです。もっと早くやっておけばよかった、と多くの女性が感じるIライン脱毛ですが、そこに到達するまでには女性ならではの葛藤もあるかもしれません。欧米では普通といわれても、日本人女性には「見知らぬ人にデリケートゾーンを見せてまで脱毛したいか」という羞恥心が働くためなかなかサロンやクリニックの門をたたけないというのが現実。

 

どんな格好で、どのくらいの痛みで、普段の生活に支障はないかなどいろいろ考えてしまいます。メリットがあるのは分かっていてもデメリットもしっかり確認しておきたいというのも当たり前です。ワキや腕の脱毛のように気軽に話題に上らないIライン脱毛の素朴な疑問や料金、気になる男性の反応などについてチェックしておきましょう。

 

Iラインについての男性の本音

Iライン脱毛をすることで女性が最も気になるのは男性の反応ではないでしょうか。現実をお伝えすると、生やし放題、密林状態の女性は嫌われるというのは実際にあることです。もちろん、中にはそういうのが好き、という男性もいるかもしれませんが、性的思考は人それぞれでもそこは少数派なのではないでしょうか。

 

というのも、見た目云々という問題以外に、臭いや肌触りが嫌、という男性が多くなってしまうのがもじゃもじゃ女子が嫌われる理由だからです。いくら清潔に保っているつもりでも、ムダ毛があるとどうしても臭いが残ってしまったり汚れが付着しやすくなってしまうのです。好きな男性に「臭い」と思われるなんて想像しただけでもゾッとしてしまうのではないでしょうか。肌触りももちろんつるつるとは程遠いものになってしまいますので、より濃密な時間を過ごしたいと思っても拒否されてしまうかもしれません。

 

ここで、女性が気にしてしまうのは何かというと「つるつるだと遊んでいる女性と思われるのではないか」ということに尽きます。しかし、実際には、そう思っている男性は多くないでしょう。清潔感のある状態に保たれていて、嫌悪感をいだく人は少ないもの。とくに最近ではVIO脱毛が流行っており、男性でも取り入れている方がいるような状況ですから、そこまで気にする必要はありません。

 

確かにつるつるはわざとらしいと感じる男性もいるようですが、少なくともIラインがもじゃもじゃよりも好ましいと思われているようです。

 

ここで男性の本音をあげると「好きな女の子といい関係になって、いざ裸を見たらびっしりとムダ毛が生えていて一気にやる気がなくなった」など、やはりムダ毛がある女性に対しては残念な意見があるのも本当のところ。さらにこれが海外の男性になると日本人女性はまとめて「アンダーヘア未処理」というレッテルが貼られています。海外の男性が日本人女性と付き合って初めてびっくりすることがアンダーヘアがびっしり生えていることなんだとか。グローバルな女性になるには、まずIラインの脱毛が必要かもしれません。

 

Iラインはどの範囲?

Iラインとは性器の周りに生えているムダ毛です。具体的にどこからどこまで、というのはサロンやクリニックで微妙に違ってくるので、カウンセリングなどで初めにきちんとチェックしておく必要があります。具体的には陰部の割れ目が始まる部分から肛門までの間がIラインの脱毛範囲です。

 

ここで、確認しておきたいのが粘膜部分まで脱毛できるか否かということです。粘膜部分はデリケートな箇所になりますので、サロンでもクリニックでも普通は脱毛器の照射ができません。以外にも粘膜部分にもムダ毛が生えていることがあるので、そこまで根こそぎきれいにしたいというときは粘膜照射OKのクリニックを選びましょう。普通の脱毛器よりも肌に優しいものを使っているので、粘膜に照射してもトラブルが起きなくなっています。

 

この粘膜照射ができるのは限られたクリニックのみとなっていますが、脱毛サロンのなかには粘膜ギリギリ1㎜までの範囲まで脱毛できるというところもあるのでムダ毛の量や理想に合わせてクリニックかサロンかを選びましょう。

 

毛深いことが悩み、という女性の中にはIライン周辺のムダ毛が太ももの範囲にまで広がっているということもあるかもしれません。そうなると、サロンやクリニックのIライン脱毛範囲の定義である「ショーツに収まる範囲」というのをはみ出してしまう可能性があります。しかし、そこを処理できないでIラインだけつるつるというのもおかしいものです。ショーツからはみ出してしまう部分のムダ毛の扱いはサロン、クリニックによってまちまちです。

 

Vラインの範囲になるというサロンもあれば、太もも付近は脚脱毛の範囲になる場合も。そうではなく、別料金でオプションとして脱毛を行ってくれるサロン、クリニックもあります。いずれの場合もカウンセリングの時点で明確にしておかないと、パーツごとの料金が発生して思いがけず高額請求をされてしまう場合もあるので注意しましょう。どこからどこまでをどのようにしたいのか、しっかり伝えておくようにしましょう。

 

Iライン脱毛は痛い?

Iライン脱毛は痛い、というのは事実です。痛みの感じ方には個人差もありますが、ほかの部分の脱毛よりも痛いというのは多くの人が訴えています。

 

Iラインの中でも粘膜に近くなるほどに痛みが増し、黒ずみがある部分のほうが痛くなる、という特徴があります。

 

アンダーヘアは太く、密集して生えているためどうしても照射のパワーが肌に伝わりやすくなります。そのため、最初は大きな痛みを感じますが、回数を重ねるごとにムダ毛が少なくなれば痛みも軽減していくようになります。

 

サロンやクリニックでは痛みをより少なくするように独自の工夫をしていますので、痛みに弱いと自覚している人は痛み対策についても確認しておくとよいでしょう。一般的には、脱毛効果が高いクリニックのほうが痛みが大きいといわれています。光を照射するたびにバチン、バチン、とはじかれるような痛みがあります。ただし、クリニックの場合は医療行為ができるので、麻酔などを使って施術ができるのがメリットになります。

 

麻酔は別料金になりますが、どうしても痛みに耐えられそうにない、という場合は最初からクリニックを選んで置くといいかもしれません。少々の痛みは耐えられるという場合はサロンの脱毛に挑戦してみましょう。サロンでも、痛みが弱い前面部分から脱毛の光を当てる等順番を考慮してくれたり、優しく声をかけてくれたり、部位を冷やしながら照射するなどの痛みを軽減する処置をとってくれる場合がほとんどです。中には痛みを徹底的に少なくした脱毛器を使っているというサロンもあります。

 

痛みは全くないとは言い切れないため、サロンやクリニックでもIラインは痛みが一番強い、という言い方をしていますが、実際にはそれほど気にならなかったという意見も多くあります。それよりも最初の施術が終わるとチクチクしたりかゆみがあった、という意見が多くみられます。今まで露出されて来なかった肌が敏感に反応するためですので、施術を重ねてムダ毛が柔らかくなってくればなくなりますので安心してください。

 

Iラインだけでの料金

サロンやクリニックで脱毛すれば、自宅で処理をするよりもきれいに仕上がるというのは誰でも分かっていることです。それでも躊躇してしまうのは料金が高いという気持ちが働くからではないでしょうか。確かに、自己処理をするよりも料金は高くなってしまうのは仕方ありませんが、長い目で見れば煩わしい自己処理も、ムダ毛がはみ出てしまってどうしようと思うこともなくなりますので、お金以上の価値があると感じる人がほとんどです。

 

Iライン脱毛はハイジニーナ脱毛、VIO脱毛といって3か所まとめて脱毛するプランもありますし、全身脱毛に組み込まれている場合、ひとつのパーツとして脱毛してくれる場合など、選んだプランによって料金も変わってきます。一般的にはパーツが多くなればなるほど1回あたりの脱毛料金は安くなるのが定番ですので、お得感を選ぶなら全身脱毛にIライン脱毛が組み込まれているプランがベストです。それでもIラインだけ脱毛したいという場合もありますので、料金相場をチェックしてみましょう。

 

通常、脱毛はクリニックのほうがサロンよりも料金が高めとなっていますが、それはIラインでも一緒です。

 

クリニックでは平均6万円。サロンでは4万円というのが相場となっています。VIOのセットでも3万円から施術できるサロンもあるので割高な印象ですが、回数や脱毛範囲などでも違ってきますので、自分に合ったプランを選択するというのが大事です。最近の脱毛プランは2種類の中から選べるようになっているというのも特徴的です。ひとつは回数によって料金が変動する脱毛プラン。

 

6回や12回など1パーツにかける回数を選ぶことができます。もうひとつが回数無制限というコースです。何度でも納得がいくまで脱毛することができるので、毛深いことが悩みという人や、完ぺきなつるつるを目指す人におすすめです。回数無制限コースは実施しているサロンとそうでないサロンがありますので、そこもサロン選びのポイントにしてみるとよいでしょう。

 

Iラインは通常つるつるになるまでに時間がかかり、購入した回数では脱毛しきれなかったということもよくありますので参考にしてみましょう。

 

Iライン脱毛の気になる噂

Iライン脱毛をするといいことばかり、という話はよく聞きますが、気になるうわさについても検証してみましょう。よく言われるのが「生理が早く終わる」というものです。実際にはIラインのムダ毛がないことと生理の日数が短くなることの関係性はありませんが、早く終わったような気がするというのは多くの女性が感じることのようです。これは、ムダ毛がないことで経血が陰部に残らず、ティッシュやウォシュレットできれいに除去できているためだといえます。

 

ムダ毛に絡まる経血や排せつ物というのは思っているより多いため、ナプキンにいつまでも経血がついているというのは実はムダ毛に付着している分というのもあり得る話です。同じようなことから「おりものが増える」というのも解明できます。おりものは日によっても量が違いますが、ムダ毛に絡まる分がなくなるためダイレクトにショーツやおりものシートに下りてきます。そうすると、ムダ毛があった時よりも多くなったと感じることがありますが、実際にはおりものそのものが増えたわけではないので安心してください。

 

脱毛そのものに関しても噂があり、それが「陰部が黒いと脱毛できない」というものです。陰部の色というのは個人差が大きく、確かに色が濃くなれば脱毛が難しくなります。実際に黒ずみが激しいと脱毛を断られる場合がありますので、カウンセリング時にチェックしてもらいましょう。黒ずみの肌でも脱毛できる専用の脱毛器をそろえている脱毛サロンを選ぶというのもおすすめです。

 

気になるうわさの中には「彼氏との行為で感度が良くなる」というものもあります。これは、肌と肌がより密着して、受けた刺激に敏感に反応することができるためなので本当です。男性にとってもムダ毛のないきれいなIラインならばもっと大胆な行為に踏み切れるということもありますし、女性側もムダ毛や臭いを気にしなくて良いので思いっきり楽しめるという効果があります。

 

お互いにリラックスすることが快感を得るためには重要ですので、Iライン脱毛によって気になることがひとつでも軽減できればよりスキンシップが楽しめるようになるはずです。