男性の本音は意外とシビア…尻毛脱毛が必要な女子は結構いっぱいいるかも!?

男性の本音は意外とシビア…尻毛脱毛が必要な女子は結多い!?

お風呂あがりに何気なくおしりを触っていたら、不思議な感触があって、鏡で確認してみたら、おしりの穴の周りに毛があった! そんな体験をする人は少なくないと思います。

 

手足や脇、Vラインの毛のお手入れは気にしている人が多いけれど、自分から見えない場所は、あまり気にすることはないかもしれません。でも、実は、ほとんどの女性のおしり、特に肛門付近には毛が生えているのです。

 

生えていることに気づかず、嫌な思いや恥ずかしい思いをしてしまう、ということがないよう、尻毛脱毛について、考えてみましょう!

 

女性のおしりに毛が生えてるのはショック!

自分のおしりの穴の周りは、普段目にする機会がない場所。周囲の人から、毛がはえている、という話を聞くことも少ない場所なので、ふとしたときに気づいても、なかなかほかの人に相談することもできません。「こんなところまで毛があるなんて」と1人で悩む人がほとんどです。処理すべきかどうかも分からずに、ネットで調べている女性も少なくないと思います。

 

実際に、おしりの部分に黒い毛が生えている人は少ないかもしれませんが、肛門周りには毛がはえていた、という声も口コミでは多いようです。女性は男性に比べて、肛門の周りだけにはえることが多いので、気づかない人や気にしている人が少ないかもしれませんが、もし、パートナーがいて、自分が知らないうちに気づいているかも、と思うと、ショックも大きいですよね。

 

ショックを受けるのは本人だけではありません。女性同士で温泉やプールに行き、お風呂に入ったり着替えたりするとき、他の人の体が気になることはありませんか?スタイルのいい女性やムダ毛の処理をきちんとしている女性には目がいきがちですが、そんな人のおしりにムダ毛を見つけて驚いた、という体験談もあります。

 

パートナーがいる場合は、男性に与えるショックはもっと大きいかも。いざ、そのとき、の目線に晒されやすいのがおしりです。そんなとき、男性にとって自分とは違う女性の体への驚きはさまざまなのですが、「女性もこんなところに毛がはえている!」と驚く場所の2位が「おしり」なのです。(マイナビウーマン調べ)。人によっては、肛門周りに、男性を驚かせるほどびっしり生えていた、ということもあるようです。気づいても、相手が傷つくかもしれない、と黙っている人も少なくありません。

 

また、男性のほとんどは「女性はあまり毛がはえない」と思っているもの。「気にしない」と言ってくれる優しい人もいるかもしれませんが、実際には大きなショックを受けていた、ということも多いのです。特に、男性にとって女性のおしりは、「おしり派」か「胸派」か、と議論になるほど、幻想とこだわりを持つ人が多い女性のパーツ。「ほかのムダ毛は許せても、おしりの毛は許せない」という声も聞かれるほどです。気がついていなかったおしりの毛が、破局の原因になった、なんて、笑い話にもなりません。

 

尻毛脱毛が必要な女性は意外と多い

おしりの毛に悩んでいる女性は、自分だけ、と思いがちですが、実は、周囲の女性に聞いてみると、おしりの毛に悩んでいる人は意外と多いのです。おしりまでびっしり、という人は少ないかもしれませんが、ほとんどの人の肛門周りには毛が生えています。日本人でおしりの毛がはえている割合は、海外の方より少ないようですが、それでも約30%の人は、おしりに毛がはえています(インターネット調査による)。気にしていない、気づいていない、という人も含めると、もう少し増えてくるかもしれません。

 

クリニックやサロンで、「ハイジニーナ脱毛」や「VIO脱毛」を表にだしているところが多くなったことも、気にしている人が増えていることのあらわれです。VIOとは脱毛箇所のこと。Vラインはビキニライン、Iラインは陰部の両側、Oラインは肛門周りの部位をさします。海外セレブだけでなく、日本の女優やモデルも利用している、と話題になりました。脇や脚とともに、ケアしておくべき場所になっているのです。

 

人間にとって毛がはえる場所は、デリケートで守ってあげるべき場所です。おしりは、肛門から雑菌や異物をいれないようにする、などの目的で、かつては必要だったのかもしれませんが、人間が服を着るようになりその役割は不要になりました。今では、毛に排泄物が付着したり、トイレットペーパーがついてしまったりして不衛生になってしまう、というデメリットもあります。ウォシュレットが普及してはいますが、かぶれやかゆみの原因にもなるので、できるだけリスクは避けたほうがいいでしょう。

 

もし、おしりの毛にトイレットペーパーがひっかかっていて、パートナーに「おしりの毛にトイレットペーパーがついてるよ」なんて言われたら、死にたくなっちゃいますよね。男性の6割以上が「アンダーヘアは何かしらの処理をしていて当たり前」と思っているというデータもあります。自分には見えず、他人が気づきやすい場所なだけに、油断できません。

 

デリケートゾーンを衛生的に保って自分が心地よくすごすためにも、いざというとき、パートナーをがっかりさせたり、その後のお付合いの継続を考えさせたりしないためにも、尻毛脱毛はしっかり考えておきたいですね。

 

尻毛脱毛はどうやってするの?

尻毛脱毛のやり方には、主に、自分でやる方法とクリニックやサロンに行く方法があります。

 

自分処理する場合は、

  • 抜く
  • カミソリで剃る
  • 家庭用脱毛器、除毛器で処理
  • 除毛クリームを使う

などの方法があります。

 

 

一番簡単なのは毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりする方法です。手軽に、思い立ったときにでき、即効性も感じられるかもしれませんが、脇やVラインのケア同様、あまりおすすめできる方法ではありません。毛抜きで抜くのは痛いですし、なにより、他の部位よりやわらかい肌を傷めて、黒ずみや埋没毛の原因になります。

 

カミソリは、見えにくい場所を無理やり剃っているので、手がすべってケガをしてしまう可能性が非常に高い方法。剃った後、はえだした毛がおしりの皮膚を刺激し、かゆみがでることもあります。特に肛門周りは、皮膚を傷つけてしまうことで切れ痔やいぼ痔などの直接的な原因になることもあります。また、カミソリでの処理を続けると、肌を外部刺激から守る「角質」を剃り落としてしまい、黒ずみや肌荒れの原因になることも。

 

おしりは、座るなどの行動でつねに刺激が与えられる場所なので、一度肌荒れや傷を作ってしまうと治りにくい場所でもあります。肌荒れの原因や、ブツブツや黒ずみが目立つ汚いおしりになりやすくする、毛抜き、カミソリでの処理は絶対にやめましょう。

 

ケノンなどの家庭用脱毛器でも、尻毛脱毛できるものがあります。痛いやケガ、肌荒れのリスクをおさえながら、セルフ処理したい場合は選択肢の一つです。知らない人におしり周りを見られるのは恥ずかしいもの。自宅で、1人で処理できるなら、どんな体勢でも恥ずかしくありません。

 

ただし、Oラインを処理する場合は、色素沈着していることが多いので注意が必要です。ケノンなどの光脱毛は黒ずんでいるとその部分に反応してしまいます。やけどなどのトラブルがおきないよう、低いレベルで処理するようにしましょう。

除毛クリームを使う方法では、クリームによる刺激に注意が必要です。自然な成分や低刺激でお肌に優しいことをうたっている商品もありますが、おしりの肌は少しの刺激にも敏感な場所。ムダ毛がはえる周期で定期的なケアが必要な除毛クリームは、肌荒れの原因になってしまいます。特に肛門周りに使える除毛クリームはほとんどないので、注意が必要です。

 

いずれにしても、デリケートで手が届きにくい場所なだけに、セルフケアは至難の業。多くの尻毛脱毛経験者がサロンやクリニックでの脱毛を利用しているのはそのためなのです。

 

サロンで脱毛するのがおすすめ

セルフ脱毛は、尻毛脱毛に限らず、肌荒れや黒ずみなど、リスクを伴う可能性が高いものです。キレイな仕上がりを求めるなら、クリニックや脱毛サロンでの尻毛脱毛がおすすめです。VIOゾーンはデリケートなだけに、技術と経験が必要です。

 

VIO専門のメニューを提供している脱毛サロンやクリニックにやってもらうのがベストでしょう。一度脱毛してしまうと、持続期間が長くなるのが、脱毛サロンやクリニックでの尻毛脱毛の一番のメリット。セルフケアのように頻繁に処理する必要はなくなりますし、なにより、プロの施術で、安全に尻毛脱毛できます

 

最近では、脱毛サロンのメニューにも「Oライン脱毛」が記載されるようになってきました。脱毛の人気部位にもなっており、さりげなくおすすめしてくれるサロンもあります。単独での施術ではなく、VIOセットで脱毛する人も多いようです。もちろん、Vは残してIOのみ、という部分脱毛も可能な脱毛サロンもあります。自分の要望にあわせて、選択しましょう。

 

脱毛サロンやクリニックでの尻毛脱毛は、毛周期というムダ毛の成長サイクルによって脱毛施術を行います。成長期に入ったムダ毛にしか脱毛効果がでないので、基本的には、ムダ毛の状態にあわせて何回か通う必要があります。完全に脱毛しなくても、はえる毛が薄くなったりしますので、それほど気にならなくなります。

 

施術は、裸でうつぶせになり、おしりの穴を広げるようにして照射する、というもの。痔がある方は、痛みを感じやすいこともありますので、最初のカウンセリング時に申告しておくとよいでしょう。「人におしりを見せるのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、スタッフは多くの尻毛脱毛を行っているので、それほど気にしなくてもいいかもしれません。逆に、しっかり仲良くなって、いろいろなお願いや相談ができる関係を築くようにしてもいいですね。

 

尻毛脱毛は、クリニックでの医療レーザー脱毛もおすすめ。脱毛サロンでの光脱毛と比較すると、クリニックの医療レーザー脱毛は、少ない回数で脱毛できます。ただし、その分、一回の施術費用が高価になることもあります。

 

脱毛サロンやクリニックでの尻毛脱毛は、セルフケアに比べると高価。ですが、長い目で見ると、かなりメリットがあります。体験者が口を揃えて「楽になった!」と言うほど、満足度の高い方法なのです。

 

尻毛脱毛の料金

尻毛脱毛の料金は、脱毛サロンやクリニックによって、多少の違いはありますが、平均すると、おしりとOライン全部で5~8万円程度、VIO全体で8~10万円程度のところが多いようです。

 

人気の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」では、脱毛部位をまとめることで料金がお得になるプランもあります。

 

VIO脱毛を行う「ハイジニーナ7コース」は、Vライン上、へそ下、トライアングル上、Vライン下、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥の7カ所がセットになって、4回の施術で36,000円(税抜)~。そのほかの脱毛サロンでも、脱毛施術回数を4~5回程度に設定して、メニューにしているところが多いようです。この回数で完全に脱毛が完了することはほとんどありませんが、このくらい通うと、かなりムダ毛が薄く、細くなります。部位によっては、セルフケアが楽になることもありますので、様子を見ながら、続けるとよいでしょう。

 

尻毛脱毛のみを行うのであれば、個別プランがある脱毛サロンやクリニックで、個別部位を選択すると、支払い総額を抑えることもできます。回数もその部位にあった回数が設定されていることが多く、費用対効果が高い可能性もあります。脱毛サロンやクリニックによっては、回数を限定しない脱毛し放題のプランが用意されていることもあります。回数を延長するよりお得な場合が多いので、脱毛を完了したい場合は脱毛し放題プランの利用を検討してもよいと思います。

 

初めての脱毛で心配な場合は、脱毛サロンやクリニックが提供しているお試しプランを利用してみてはいかがでしょうか。格安で、どんな施術をどのようにやるのか、体験することができます。もちろん、その後継続する必要はありませんが、継続するのであれば、特別価格が設定されている脱毛サロンもあるようです。

 

尻毛脱毛は、恥ずかしいと思いがちな部位の脱毛なので、より、信頼できるスタッフがいるかどうかは重要です。お試しで対応などを確認してみるのもよいでしょう。

 

ほとんどのサロンでは、Webサイトからの予約もできます。Webサイトからの申込であれば割引が適用されたり、特典として別の部位の脱毛がセットになったりすることもあるので、チェックしてみてください。また、ミュゼプラチナムのキャンペーンのように、定期的にキャンペーン価格が設定されることも。サイトをチェックしながら、希望のプランが安くなったタイミングで申し込むのもオススメです。

 

デリケートな部位を清潔にできるだけでなく、パートナーや友人の目も気にならなくなる尻毛脱毛。女性にとっては、大きなメリットのある脱毛ではないかと思います。