アンダーヘア脱毛の重要性って何?羞恥心と戦う女子に読んでほしいアンダーヘア脱毛事情!

アンダーヘア脱毛の重要性!羞恥心と戦う女子に読んでほしい脱毛事情!

アンダーヘアの処理してますか?そんなことを聞くチャンスも人もいないというのがほとんどの人の意見ではないでしょうか。

 

しかし、脱毛サロンを見てみると最近よく見かけるのが、アンダーへア脱毛いわゆるVIO脱毛、ハイジニーナ脱毛と呼ばれるもの。いったいどんな人が受けているのか気になりますが、意外にも多くの人がアンダーヘアの脱毛を行っています。

 

若い女性はもちろん、中年女性にも人気のアンダーヘア脱毛ですが、大きな声でいう部分ではないため静かなブームになっているといえます。脱毛サロン以前に有名になったのがブラジリアンワックスというものですが、これもアンダーヘア脱毛のひとつで、粘着性のあるワックスを使ってムダ毛を引き抜くという施術をしてつるつるにするというものです。

 

露出の激しいサンバの衣装を着るブラジルの女性たちが始めたことからブラジリアンワックスと呼ばれます。

 

しかし、ワックス脱毛は痛い上に時間がたつとムダ毛が再度生えてくるため、定期的なお手入れが必要になります。自己処理の大変難しい部分ですから、そのたびにサロンに行かなければならないのが煩わしいという人にはずっときれいがキープできるサロンやクリニックでの脱毛がおすすめということになります。

 

もちろん、サロンやクリニックでも1回施術を受けただけでつるつるになれるということではありません。何度か通ううちに理想の毛量や形になるということですので、焦らずにきれいを目指しましょう。でも、あの部分を人に見せるのが恥ずかしい、ましてや脱毛なんてどうやってやるのか分からず不安、脱毛をすることで得られるメリットが分からない、という疑問もあるかもしれません。

 

実はアンダーヘア脱毛をすることで得られるメリットはたくさんあり、その多くが女性がより快適に過ごせるためのものとなっています。今まで当たり前と感じていたデリケートゾーンの臭いや蒸れといった問題も解決できるきっかけになりますので、アンダーヘア脱毛をしようか迷っているという女性はぜひチェックしてみてください。

 

アンダーヘア脱毛はそもそも必要?

アンダーヘア脱毛は必要か、そんな疑問は誰でも持っているかもしれません。男性と深い関係になった場合や病院、温泉以外ではそう滅多に人に見られる部分ではありません。しかし、世界に目を向けてみると、欧米などではアンダーヘアの処理をしていることは大人のたしなみとして一般化しており、サロンやクリニックで脱毛することも当たり前です。娘の20歳の誕生日にはアンダーヘア脱毛をプレゼントする、という海外の話もよくあることです。

 

それに比べると、日本はアンダーヘアの話すらタブーという雰囲気があり、女性はむしろいろいろお手入れをしていることが恥ずかしいと感じる部分がまだ残っています。脱毛の方法もアンダーヘアの場合は難しいため、自分で脱毛クリームを使ったり、脱毛石鹸を使って処理をするということもデリケートな粘膜部分があると心配です。剃刀やシェーバーも危険ですので、必然的にきれいに処理をしようと思うとサロンやクリニックの力を借りることになります。

 

誰かに恥ずかしい部分を見せてまで脱毛する必要があるのか、これが脱毛を敬遠してしまっている多くの人の理由ではないでしょうか。ですが、アンダーヘア脱毛をすることによって得られるメリットは劇的ともいって過言ではないほど、女性の生活に変革を与えます。アンダーヘア脱毛を行った女性の多くが「なんでもっと早くやっておかなかったんだろう」と実感したというほどです。一般的に脱毛の効果は施術を数回受けて徐々に表れてくるものです。

 

つるつるになるのが待ち遠しいと、次の脱毛の施術を心待ちにするのはアンダーヘア脱毛の大きな特徴です。脱毛を経験済みの女性におすすめの部位を聞けば真っ先にアンダーヘア脱毛をすすめられることでしょう。必要かそうでないかはやってみればおのずと分かってきます。大きな声で話題にしないだけで、多くの女性がいま取り組んでいるのがアンダーヘアの脱毛ということが、サロンやクリニックでこれだけたくさんのキャンペーンや広告が掲載されていることを見れば分かるのではないでしょうか。

 

アンダーヘア脱毛していることに対してどう思われるか不安

日本の女性は初心で清楚なほうが好ましいと思われる傾向にあります。男性からも女性自身もそう感じているのがアンダーヘア脱毛になかなか手を出せない理由の一つであることは確かです。いざ意中の男性と関係を持とうというときに、アンダーヘアがないことで嫌われたらどうしよう、こんなことを思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

 

ひと昔前ならばそれもあるかもしれませんが、最近の男性はそこまで女性を神聖化しては見ていないのではないでしょうか、むしろ、普段見ているセクシー系のビデオや雑誌ではアンダーヘアを処理している女優がほとんどなので、むしろないほうが見慣れている、ないのが普通と思っているということも大いに考えられます。

 

さらにVラインや性器周辺のIラインにムダ毛があるのはまだしも。肛門周辺のOラインにムダ毛があるのは言語道断という男性のほうが多いのではないでしょうか。

 

もちろんその部分に毛が生えていることは恥ずかしいことでも変なことでも何でもありません。さらに生えているからと言って、自分でどうにかしようとしてそうたやすくムダ毛処理できる部分でもありません。男性からしても、なかなかそこにムダ毛が生えているからいやだとは言えませんし、女性も気が付いていないことが多くあります。

 

そんな気まずい状況に男性を置いてしまうのもなんだか申し訳ないような気がしてしまいます。女性にアンダーヘアが生えていることは何もおかしなことではありませんが、海外で大人の女性のたしなみといわれる理由はこういった部分にも関係しているのではないでしょうか。アンダーヘアがないことでどう思われるかは、正直相手次第といわざるを得ません。しかし、現代の女性はもっと強く、自信をもって毎日を送る必要があるのではないでしょうか。

 

アンダーヘアの脱毛もおしゃれやメイクも男性のために行っているわけではありません。女性が女性らしく、自分が自分らしくいられるための手段なのではないでしょうか。最終的には自分がどうなりたいかが決定のカギになります。

 

アンダーヘア脱毛をすることでこんなにも変わる!

具体的にアンダーヘアがなくなるとどのようなメリットがあるかチェックしてみましょう。

 

まず、アンダーヘアが生えているのはデリケートな部分を守るため、というのが一般的な解釈です。

 

また、フェロモンが分泌される部分ということにも関係しているのではないかともいわれています。しかし、排せつ器官が近いデリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい部分でもあります。

 

ムダ毛に尿などが付着すると、下着などで密閉されることで湿気がこもり、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が増えれば臭いが気になることも多くなり、これは生理の時の経血でも一緒です。つまりムダ毛がないことで尿などがつかなくなる、雑菌が繁殖しづらくなる、臭いや汚れが軽減できるということです。

 

清潔感がアップするというのがアンダーヘア脱毛の最も大きなメリットです。次にあげられるのがおしゃれの幅が広がるということ。大胆な水着や下着を着るときに、ムダ毛がはみ出してしまっていたなんてことはないでしょうか。

 

下着の中にムダ毛をおさめるために大きめのショーツを選ぶようにしているということはないでしょうか。そんなことも、ムダ毛がなくなれば何の心配もいりません。紐パンツもセクシーに着こなすことができますし、海でアンダーヘアがはみ出ていないか心配する必要も全くなくなります。好きなものを好きな時に好きなだけ着用できますので、いつもよりも大胆になれます。パートナーともより楽しむことができるのではないでしょうか。

 

もっと小さな話をすれば掃除が楽になるというのも忘れられないメリットの一つ。裸で家の中をうろうろしているわけでもないのに、アンダーヘアが1本フローリングの上に落ちている、そんな経験は誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。誰かを家に招いたときなどは非常に気まずい雰囲気になってしまいますので、念入りに掃除をしなければいけませんが、アンダーヘアそのものがなければそれも不要。トイレもカーペットもサッと掃除をするだけできれいになります。

 

好き嫌いがある場合もある

メリットばかりを述べているとデメリットが全くないように感じますが、実はそうではありません。

 

残念ながら好き嫌いがあるというのも事実で、パートナーの男性からアンダーヘア脱毛が原因で振られてしまうということもないとは限りません。男性の中には相手が脱毛のプロ、女性である、ということを認識しながらも自分以外の誰かに恥ずかしい格好を見せていることに耐えられないと感じることもあるかもしれません。

 

中には密林のようなボリュームのあるアンダーヘアが好み、という男性もいるかもしれません。こればかりは男性次第なので、アンダーヘア脱毛をしたあなたのせいではありませんのであまり落ち込まないようにしましょう。男性側だけでなく、実際に脱毛を行った女性にも不都合が生じる場合があります。まず、アンダーヘアというのは非常に密集して生えていて、今まで隠れていた素肌は刺激に弱く、下着の繊維に敏感に反応したりこすれてかゆくなるということが起きる場合があります。

 

肌が無毛の状態になれてくれば改善していくことがほとんどですが、場所が場所なだけにムズムズして居心地が悪いということにもなりかねません。かゆみや炎症に耐えられないと思っても、もうアンダーヘアは生えてこないわけですから下着の素材を変えるなどの方法をとる必要が出てきます。さらに、アンダーヘアがないことが見た目に影響を与えるということも考えておかなければいけません。

 

自分の性器をまじまじと見るという習慣はないかもしれませんが、いざアンダーヘアがなくなったら今まで見えていなかった性器の一部が目立ってしまったということがあります。それが異常だとか、醜いということではありませんが、人によっては気になってしまうということを覚えておきましょう。

 

もちろん、温泉やサウナなどでアンダーヘアがないことで注目を集めてしまわないだろうかとびくびくしてしまうこともあります。自分が介護生活になったときに恥ずかしい思いをしないだろうかと心配してしまうこともあります。好き嫌いは個人の思考なので、いきなり変えることは難しいかもしれません。よく考えて納得してからアンダーヘアの脱毛に踏み切りましょう。

 

アンダーヘア脱毛はどう脱毛するのがおすすめ?

今までアンダーヘアの脱毛と言ったら、すべてつるつるにしてしまう、という前提で話してしまいますが、実際には部分的に残したり、好きな形をデザインするという方法が日本人女性には人気です。すべて無毛にしてしまうことをハイジニーナといいますが、好き嫌いが分かれるのはむしろこのハイジニーナだけといっても言い過ぎではないかもしれません。

 

おすすめの脱毛方法は、IラインとOラインをきれいに脱毛し、Vラインは範囲を狭めて毛量を少なくする、という方法です。これならば、清潔感もある程度保て、温泉などでも丸見えにならないので恥ずかしくありません。男性にとっても自然に見えるので清楚な女性というイメージを崩さないで済みます。もちろん、外国人男性と付き合いたい、つるつるが理想、と確固たる信念がある人は最初からハイジニーナを目指しても構いません。

 

次に、もしもVラインを残すとしたら、どのような選択肢があるかについてもチェックしましょう。サロンやクリニックによっては、豊富なデザインが選べる場合があります。

 

自然に見えるオーバル型や長方形、スクエア型、などのほかにも個性的なハート型やスター、バタフライなどアンダーヘア脱毛をしていることをしっかりと強調できるデザインもあります。

 

どれを選ぶかはお好み次第ですので、カウンセリングの時によく話し合って決めていきましょう。メリットやデメリットを聞いただけではイマイチ実感が持てないという場合もあるかもしれません。そんな時はお試しでブラジリアンワックスなどの時間がたてばもとに戻るアンダーヘア脱毛を試してみることをおすすめします。

 

ワックス脱毛の効果は約3週間といわれますので、その間にアンダーヘアがないことのメリット、デメリットを疑似体験できます。もしも気に入れば、サロンやクリニックのカウンセリング予約を取ってみましょう。

 

また、施術回数の途中であっても、徐々に毛量が減ってくるので、快適さを少しずつ感じられるようになってきます。無毛にならなくても全体的な毛量のコントロールをしたいという女性にも対応していますので、サロンやクリニックに相談してみましょう。