形や濃さの種類も豊富なVライン脱毛!男性の好みのおすすめVラインの形はどれ?

男性の好みのおすすめVラインの形はどれ?

 

アンダーヘアのお手入れは欧米諸国ではもはや当たり前ですが、日本でも水着を着る予定があるときなどに慌ててVラインの処理をする、ということもあるのではないでしょうか。

 

Vラインは略さず書くと「ビキニライン」となりますが、その意味の通りハイレグのビキニを着た時のラインを表します。お手入れをしていないと、狭いビキニではムダ毛がはみ出てしまうという残念な結果になってしまうことにもなりかねません。最近の脱毛サロンの主力商品の中にVIO脱毛というものがあります。

 

VはVライン、Iは性器周辺、Oは肛門周辺のムダ毛のことで、脇や腕、脚などの脱毛を経験した人にも新たな需要になるとして各サロン、クリニックが力を入れています。もちろん、Vラインだけであれば自己処理も可能な部位かもしれません。しかし、自己処理を続けることで肌荒れが起こったり、毛穴がぽつぽつ目立つようになる、黒ずみが発生するなど、素肌レベルで見せるのが恥ずかしい場所になってしまう可能性があります。見られることを考慮してケアをしたにもかかわらず、見せたくない肌になってしまったのでは意味がありません。

 

やはり、本格的に脱毛するならきれいな肌をキープできるサロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。

 

アンダーヘアの脱毛は自分自身のためというだけでなく、パートナーや未来の結婚相手にどう思われるかというのも悩みどころです。IラインやOラインは迷うことなくムダ毛がないというメリットのほうが高くなりますが、Vラインに関しては残しておくほうがいい、という意見と全くないほうがいい、という意見が分かれる部分です。

 

日本では特に温泉や銭湯などの文化があるため、不特定多数の人に見られるシーンでの気まずさを考えてしまいます。Vライン脱毛はいろいろな形や濃さを選べるので、数ある脱毛箇所の中でも自由度が高く迷ってしまいがち。これからVIO脱毛に挑戦しようと思っている人は、どんな方法があって、どんな形が人気なのか理解してから脱毛をすすめていきましょう。

 

Vライン脱毛の形は種類が豊富

Vラインは見た目どおり、アンダーヘアがVの字に形が似ているためにこう呼ばれています。しかし、中には毛深くてモジャモジャとした状態になっているという人もいるのではないでしょうか。時々ハサミなどでカットすることで毛量や長さの調整はできますが、Vラインそのものの形を変えるというのは自己処理では難しくなります。

 

そこで脱毛サロンやクリニックの出番です。Vライン脱毛のキャンペーンなどでよく見る低価格の脱毛にはムダ毛全てを脱毛するメニューではなく、決められた範囲の中からはみ出したムダ毛のみを脱毛してくれるというプランがあります。まさしく、Vラインをきれいに整えてくれるというのがこのプランの内容です。サロンに行くと、プラスティックの透明な三角のプレートを使って脱毛範囲を決定します。

 

大きさは一般的なアンダーヘアの範囲よりも少し小さめですが、もともとムダ毛が薄く、その範囲に収まってしまう人には意味がありません。逆にムダ毛が広範囲に広がっていて、脚の付け根やおへそ近くまで広がっている人にはお得感があります。

 

Vラインは自然に残しておきたいという人向けですので、ハイジニーナを目指す人にはこのプランはおすすめできません。ハイジニーナとはアンダーヘア全てをつるつるにして無毛状態にした女性のこと。

 

日本ではハイジニーナまではちょっと勇気が出ないという人も多いので、各サロンではいろいろな形やデザインを楽しめるようなメニューを用意しています。半永久的にムダ毛のケアが必要なくなるということは後からまた生やしたいと思っても手遅れということになってしまいますので、残すのか残さないのか、形はどうするのかをよく考えてから決めなければいけません。

 

Vラインの形の種類は様々あり、希望があればサイズや長さ、毛量なども調整してもらえます。オーダーメイドの脱毛が可能な部分ですので、後悔のないようにカウンセリングの中などでしっかり希望を伝えておきましょう。施術の際にも毎回確認しながら微調整をしてもらうと安心です。

 

どんな形があるの?

Vラインの形にはもともとの形を残して整える程度の脱毛から、完全無毛状態にする脱毛まで自由に選ぶことができます。なるべく自然に残しておきたい、アンダーヘア脱毛のメリットを生かしながらも毛量をある程度残しておきたい、せっかく脱毛をするのだからおしゃれにアピールできるデザインを取り入れたい、など好みによって選ぶことができます。

 

選んだ形によっても前処理や必要回数などが違ってきますので、よく相談してから決めなければいけません。

 

自然な形の代表としては逆トライアングルがあります。そのままの形に最も近く、コンパクトに縮小できるので下着や水着からはみ出す心配もなくなります。次に自然なのがオーバル、楕円です。縦に少し長めにしておくことできちんとケアをしているという清潔感とナチュラルさを同時に得ることができます。範囲はちょっと広めですが、最低限ショーツからはみ出ないように整えたいならスクエア型がおすすめです。流行に関係なく選ばれている形です。せっかくならばアンダーヘアのお手入れをしていることをアピールできる形に整えてみましょう。

 

海外の女性に人気の定番が長方形です。細長く整えてIラインにつなげることで性的な魅力もアップできるというのが外国人女性が選ぶ理由だそうです。個性的な女性に選ばれているのがモチーフです。ハートやバタフライ、スターなど好きな形に整えることができるので、女性としての魅力を最大限にアピールしたいという人には遊び心を刺激するモチーフをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

 

サロンやクリニックによって対応している形やデザインには違いがありますが、仕上がりをイメージしながら納得のいくデザインを選択してください。

 

一般的に毛量が少なく、範囲が狭いほうがアンダーヘアの脱毛によるメリットが得られやすくなります。実際にはIラインやOラインのほうにムダ毛がないことのほうがより清潔感や快適さがアップするので、Vラインはまず見た目やイメージ、実用性を重視して選んでみてはいかがでしょうか。

 

男性が好みのVラインの形

アンダーヘアの脱毛をするときに避けて通れない話題といえば男性目線の意見はどうなのかということです。女性としては清潔感と快適性を求めてハイジニーナにしたいところですが、アンダーヘアの脱毛をしていることが遊んでいるという印象を与えはしないかと心配になります。

 

ひと昔前ならば、まだVIO脱毛の知名度も低く理解が得られなかったかも知れませんが、最近の男性の中には女性のムダ毛をとても気にする人が多くなっています。

 

セクシービデオや雑誌に登場する女優の影響も多くありますので、実際の女性にムダ毛が生えていることにびっくりしてしまうこともあるそうです。そこまで行くと少し残念な印象ですが、そうでなくても女性のアンダーヘアはしっかりお手入れしていて欲しいというのが概ねの意見です。そこでも「モジャモジャじゃなければいい」と「何もないほうがいい」という男性に分かれます。

 

一番無難なのは逆三角形、次に人気なのがハイジニーナとなりますので、両極端な結果になったといえるのではないでしょうか。ただし、一つ言えるのはモチーフは難易度が高いということです。清楚な女性が脱いでいきなりバタフライやハートが現れたら男性がひいてしまうことは容易に考えられますので、難しいモチーフを受け入れてくれる男性かどうかを見極めるのは難しいかもしれません。

 

パートナーの強い希望で不本意なデザインを選ぶことも、将来を考えるとあまり賢い選択とはいけません。一生添い遂げるという確信がない場合は自分の意見をまず最優先して、すべてを受け入れてくれる男性と過ごしていくのがベストではないでしょうか。逆トライアングルとハイジニーナに続くのが長方形です。

 

必要最低限の大きさで割れ目を隠すように生えたアンダーヘアが魅力的だという意見がありました。もちろん、Vラインだけが問題ではなく、Iライン、Oラインともに脱毛していることが大前提になりますので、総合的に考えながらより魅力的に感じてもらえるようなデザインを選びましょう。

 

女性に人気のVラインの形

女性が自分自身のことを考えた時に選ぶのがハイジニーナ、無毛状態です。こちらもIライン、Oラインが脱毛済みであることが大前提であります。

 

ハイジニーナの語源は英語で清潔、衛生的という意味のハイジーンから来ています。

 

女性が不快感を大きく感じるものといえば生理です。生理中の臭いや蒸れというのは自分自身でも気になりますし、周りにも気が付かれないかと不安になるものです。

 

生理の経血以外でも、排せつ物などはムダ毛に付着しやすく、そのことが原因で雑菌が繁殖し嫌な臭いを発生してしまいます。Iライン、Oラインを含む脱毛でハイジニーナにすることで、普段の蒸れ、臭い、汚れといったものから解放されるので、清潔感や快適さが格段にアップするというのが経験者の多くの意見です。

 

最近人気急上昇、サロンやクリニックでも希望者が多いというのもうなずけます。それでもやはり何も毛がないというのは恥ずかしいという意見も同様にあります。

 

特に温泉や銭湯、サウナなどが好きな人には性器部分を露出してしまうハイジニーナは難しいかもしれません。

 

やはりここでも逆トライアングルが安定の人気です。一番自然で、一番無難、どんなシーンでも違和感なく受け入れてもらえるので、迷ったときは下着からはみ出さないようにきちんと整えた逆トライアングルで決まりではないでしょうか。逆トライアングルといっても、その大きさや毛量、角の丸みなどによってもイメージが大きく違ってきますので、最初にきちんと把握しておくようにしましょう。

 

毛深いのが悩みという人でも、最初の数回は全体的に脱毛効果のある光を照射して毛量を減らす処置をすることが多いので、残す範囲のムダ毛も自然に少なくすることができます。あえて形を作らずに、全体的な照射を何度か繰り返すことで毛量を減らすと、より自然に元からムダ毛が薄い女性という印象を与えることもできますので、脱毛したことを知られたくないという人にはこの方法もおすすめです。その場合は回数を少なめに設定して少なくなりすぎないように注意しましょう。

 

男性の本音を聞いてみよう!

アンダーヘアの脱毛をするときに、どうしても男性のリアルな意見を聞きたくなってしまいますが、より確実なのは現在のパートナーなどにアドバイスをもらうことではないでしょうか。それでも将来に備えてきれいに整えておきたいというときは、やはり口コミなどが便利です。

 

日本人男性にはハイジニーナは受け入れられない、と思っているならそれは大きな間違い。実は女性よりも男性側の支持のほうが多いというアンケート結果もあるほどです。

 

濃密なスキンシップをはかりたいと思ったときに、ムダ毛が原因で考えを改めるという意見も出たので、より愛されたいならムダ毛はないほうがベターかもしれません。特に顕著なのが外国人男性の意見です。外国人男性の日本人女性に対する評価は大和なでしこでも清楚でもなく「アンダーヘアが無法地帯」というのが今の現実です。

 

グローバル社会で続々と海外との交流が増える中、外国人男性が一番びっくりするのが日本人女性のアンダーヘアが生え放題だったことだそうです。

 

「日本人女性と付き合うならまずバリカンが必要」というジョークが飛び交うほどに有名な話なので、これから海外で活躍したいという女性にはまず大人の女性の身だしなみとしてハイジニーナは必須かもしれません。日本人男性でも「いざ始めようと思ったらムダ毛がびっしり生えていてやる気を失った」「毛深い女性は臭そうで嫌だ」という本音を口コミで見かけます。

 

なかには「好きな女の子がパイパン(ハイジニーナ)で最初はびっくりしたけど、はじめてみると感度が良くて気持ちがよかった。なにより清潔感があってきれい!」という、女性の心配を払しょくしてくれそうな意見もありました。ただし、男性の好みというのは千差万別でアンケートや人気投票ですべてが決まるという訳ではありません

 

男性にとっての女性のアンダーヘアは単に見た目だけの問題であって、女性が感じる清潔感や衛生面での変化とは別の次元で話をしているということを忘れないでください。最終的には自分がどうしたいかを優先するようにしましょう。